ひつじにっき

好きなことを好きなだけ

沖縄6島巡り〜波照間島〜

○ 6/11 ○

石垣から波照間へ。

この約1時間の船旅。辛かった!

昔から乗り物酔いしやすいけど、度重なる旅行で少しずつ慣れてきたのに

何のアトラクションですか!?というくらいぐるんぐるんに揺れる船。何回も内臓がふわっと浮く感覚。

そもそも絶叫系が苦手なので過酷でした。

 

船は昨日予約し、旅館の人に送迎を依頼しておきました。

一昨日予約した、3部屋しかない島で一番高い旅館、2食付きで12000円。波照間はどのホテルもネット予約できず、全部電話でした。

空いててよかったー!

ちなみに今までは5000〜6000円くらいのビジネスホテル。寝るだけだしね。

 

荷物預けて、波照間一番の観光地、ニシ浜ビーチへ。

チャリは諸事情で借りません。炎天下の中、徒歩です。

地図を見ながらなんとなく歩き無事たどり着きました。

 f:id:marimaru124:20170621103908j:image

青い!!

天気も良く、とてもキレイな遊泳可能ビーチ。最高に癒されます。

f:id:marimaru124:20170621103932j:image

 ずっと読書スポット探してました。

ひとり旅にキレイなビーチで波の音を聴きながら読書って憧れていたのよ。

しかも読む小説がちょっと仕事やめてくる、という。タイムリーな話。

更には、藍坊主のいわし雲を聴きながら読書もしたかったけど、まさかの圏外。ザンネン。

f:id:marimaru124:20170621114754j:image

まさに私。藍坊主のライブ行くことも仕事辞めたあとにしたいことリストに入れました。曲も歌も全て癒し。

 

途中まで読んで、お腹も空いたので港近くでそばを食べました。

そしたらお店のおじいちゃんに、

今日西表島で競技大会?があるからねーね(私のこと)も一緒に行こう、と誘われました。

おお、地元民との交流か。しかし西表島昨日行ったし、波照間1泊するとはいえ翌朝には出るしせっかくなので波照間の観光がしたいし、とお断りしました。

波照間を案内するよ、だったら着いていったかもしれない。

 

 地図を見ながら、お土産屋さんやカフェになんとかたどり着くも、まさかの昼休憩でクローズ。

13:00〜15:00くらいまで店を閉めるのね。

ちなみに到着したの13:05。おしい。

集落へ行こうとするも、迷子。

自分が思って進んでる方向と、地図が反対だったり。基本看板とかないし、地元民とすれ違うこともできず、道を聞けず。

とりあえず道に迷った時は、途中の合っていたとこまでは戻ろうと考えるも、

お土産屋さんやカフェにすら戻れず。あれここはどこ?

この建物の近くに泊まる予定の旅館があるはず、一旦旅館に行こう。でも辿り着けず。

 

もはや諦め、とりあえず海に行こうと考えました。

 f:id:marimaru124:20170621110308j:image

 この先は何があるんだろ、多分海だ、と無心で歩き続けました。

奥は森?になっていて、行き止まりかと思いきや獣道らしきものがあり、半袖に短パンの軽装備で進む。虫怖いよ。

途中、空き缶が捨ててあって人の影を感じて安心。本来ポイ捨てする人はキライですが、この時だけは感謝してしまった。

すると、海が...!

f:id:marimaru124:20170621110741j:image

こちらもキレイです。ただ見渡しても誰もおらず、ここは一体どこなんだと。

人類滅んだのかと思ってしまうくらい。

この時は癒しよりも不安が募ってました。

とりあえず浜辺を延々と歩きまくると、奥に小さく人影らしきものが!よかった!

道を訪ねよう、このビーチに正式な入口や出口があるなら教えてほしい。

しかし、その場所に辿り着くも出会えず。更に進むも誰もいない。これ以上は進めないようなビーチの作り。

あれなんで?幽霊?あの人も森の中を通ってきたのかな?

 

諦め、また元の森の獣道から帰るのか、と戻ることに。

寂しいから、5分くらい独り言しゃべってる動画撮りました。

獣道から帰ろうと思ったとき、そういえば反対側の浜辺は行っていないな、とそのまま歩くことに。

時折海に足を浸かったりしながら、延々と歩き続けると、なんとそこは!

ニシ浜ビーチと繋がっていました。奥に小さく人がたくさんいる!よかったー。

 

見慣れた景色に安心し、そのままの流れでカフェへ。ちょうど15:00過ぎでカキ氷食べました。食べ終わってすぐ、カキ氷お代わり。水分取ってなかったから助かった。

海の見えるカフェで読書の続きを読む。いわし雲聴けた!

一回なんとか旅館に戻って、軽くシャワー浴びて休憩。

そのあとまたニシ浜ビーチへ。

f:id:marimaru124:20170621112612j:image

夕食があるのでサンセットは時間的に見れなかったけどいい雰囲気です。

f:id:marimaru124:20170621113046j:image

夕食が本当に美味しくて、島で唯一料理人が経営している旅館だったとのこと。

好き嫌い多い私は旅館食っていつも残すけど、全部食べきりました。本当に繊細な味で感動。ここにしてよかった!

 

そして星空ツアーへ。

波照間は日本で一番星がよく見えるらしいです。時期的に南十字星も!

しかし雲がたくさん出ていて、全く星見えませんでした。うーんザンネン。

でも月の入りが見れて、海から上がってくるオレンジの月がとっても神秘的で最高だった!

あとガイドさん話し上手でよかった。

 

f:id:marimaru124:20170621113835j:image

朝食ももちろん美味しくて最高!

少し高くても断然オススメです。

建物も新しくキレイだし、シャンプーやリンスもとてもよくて、鏡や小物がオシャレないい宿でした。

 

そんな波照間旅行でした。

 

続きます。